top of page

水がもたらす美容と健康の効果



人の体は子どもで約70%、成人で約60%が水分でできています。

体の水分量は年齢や体型によっても変わりますが、年齢が進むにつれて体内の水分量は減少し、高齢者になると半分ほどの水分量となります。

人の体を構成する組織や器官の中で、たくさんの水分を蓄えられるのは筋肉です。 もともと男性に比べて筋肉量が少ない女性や運動不足、加齢によって筋肉量が減ると、体内の水分量も減ってしまうことになります。


人の生命は、絶えず水を飲んで体内に循環させることで維持されています。

体内の水分量は代謝や老廃物の排泄などに深く関わっているため、、体重の2%を失うとのどの渇きを感じるようになり、5%を失うと熱中症などの脱水症状を引き起こし、10%を失うと筋肉のけいれんや意識障害を引き起こします。そして20%を失うと死に至るといわれています。

健康障害のリスクを減らすためにも、こまめな水分補給が必要となります。


お水を飲むことが美容によい理由


体の水分量が見た目にも影響しやすい部位は、肌や髪、体型と言われています。

赤ちゃんの肌に「潤い」があるのは、皮膚表面の角質層に水分をたっぷり含んでいるから。年齢を重ねるにつれて体内の水分量は徐々に減少していきます。


肌荒れ・シミ・シワなどの肌トラブルは、加齢とともに体内の水分量の減少が要因のひとつです。

お水をしっかり飲んで体内の水分量を補うことで、血行が良くなり体のすみずみまで栄養や酸素を運び、細胞の活性化で代謝を上げる効果があります。

代謝が上がればお肌のターンオーバーも正常になり肌質や髪質も改善されるので、美肌効果が期待できるかもしれません。


水分補給がダイエットに期待できること

代謝を高める効果

食欲を抑制する効果

腸内環境を整える効果


水分補給の目安

美容と健康のためには、お水を飲む習慣を身につけ、継続することが大切です。 たくさん飲めばいいと思って一気にお水を飲んでも、吸収されず体の外に排出されてしまいます。 1日に1.5L前後のお水を目安に、できるだけ常温に近い状態で、1回200ml(コップ1杯)を1日8回程度に分けて飲むようにしましょう。 水道水のカルキ臭や塩素が気になり、水を毎日飲み続けることに不安を感じるという方には、ウォーターサーバーなどでいつでも飲みたいときに飲める環境をつくることをおすすめします。




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page