top of page

日焼け止めを選ぶコツ、教えます!!






紫外線が強くなってきていますね。


紫外線対策はされていますか?紫外線による光老化は

シミ!シワ!たるみ!といった老け顔の原因となります。



日焼け止めといっても、いっぱいありますよね。

その中でも、どのように選ぶとよいかご紹介します!



まずは、SPFについて。


よく目にすると思います。何を表しているかご存知ですか?

最近だとSPF50というのが非常に目立ってきています。


日焼け止めを選ぶときに気にされるのがこの「SPF」かと思います。



これは「サンプロテクションファクター」といって「紫外線防止指数」のことです。


この数値が高いほど紫外線から守ってくれるのですが、高いと同時にお肌へも負担がかかってしまいます!!


知ってましたか?!


ちなみに、PAは「プロテクショングレインドオブUVA」の略でUV-Aから守ってくれる効果を示しています。


SPF1は、紫外線から約20分守る、という単位なので日中の紫外線が出ている時間帯にしっかりガードできるものを選びましょう!


例えば、朝7時から夕方4時までの9時間守りたければSPF27であれば大丈夫です。


9(時間)×60(分)=540(分)

540(分)÷20(分)=27



お肌への負担を考えたら、お顔へ塗る日焼け止めは「SPF30」ほどのものを選べば上手に紫外線対策ができます!


お顔→SPF30

身体→SPF50


こちらが理想的な日焼け止めの使い方です!


先ほどチラッとご説明した「PA」ですが、+の多さがUV-Aに対する効果の高さを示しています。


UV-Aはp肌の奥の真皮まで届いて、コラーゲンなどを破壊してシワやたるみなどの肌老化を促進させてしまいます!窓ガラスも突き抜けるため、曇りの日や室内でも注意が必要です!



PA++++ →極めて高い効果がある

PA+++  →非常に効果がある

PA++   →かなり効果がある

PA+    →効果がある



どうでしょうか??


ただ日焼け止めを塗るだけでも、お肌に合った日焼け止めを選んでいないと逆効果になってしまいます。


次回は、ぜひ皆さまにおすすめしたい日焼け止めと、日焼け止めの塗り方をご紹介します☆彡


最新記事

すべて表示
bottom of page